机の鍵も劣化する!鍵交換が必要な場合は業者に相談しよう

机の鍵トラブルで焦らないために~異変に気付こう~ 机の鍵トラブルで焦らないために~異変に気付こう~

鍵の破損や故障といったトラブルに注意

男性

机の引き出しには鍵が付いているため、中に重要な書類などを管理していることが多いと思います。しかし長い間引き出しの鍵を使い続けていると、鍵は劣化してきます。机の鍵の異変に気付いたら、トラブルが発生する前に状態をチェックしましょう。

机の鍵に発生する異変

  • 鍵を掛ける際に、鍵が回りにくかったり抜けにくくなったりすることがある
  • 鍵をさし込もうとしても、なかなかスムーズに鍵がささらない
  • 鍵のさし込み部分に錆が発生している
  • 引き出しをロックした後、解除するのに長い時間が掛かってしまう

こういった現象も机の鍵が壊れかけているサインかも

大切に使っていても、鍵の劣化は起こります。普段頻繁に使うところだからこそ、気を付けなければなりません。鍵の開け閉めのときに「少しコツがいるな」と感じた場合は、早めに業者に相談すると良いでしょう。無料で出張見積りを行なっている業者もあります。 早い段階で業者に鍵の点検を依頼しておけば、鍵の故障や破損が発生するのを未然に防ぐことが可能です。例えば、亀裂の入っている鍵を使い続けていては、大事なときに「開かない!」ということが発生して焦ってしまうでしょう。

机で鍵トラブルが発生してしまう原因

机の引き出しに付いている鍵が壊れてしまう原因として、色々なことが考えられます。ここでは机の鍵が開かなくなるトラブルの種類とその主な原因について説明します。机の鍵の状態をチェックする際の参考にしてみてください。

発生するトラブルの種類

鍵に歪みや折れが発生することで鍵が開かなくなる
鍵は金属でできているため、多少の衝撃や劣化には強いのですが、それでもやはり歪みや折れが起こることはあります。さした鍵が内部で折れてしまい取り外すことができない場合は、鍵本体の交換が必要になってしまうでしょう。
鍵の閉じ込めや鍵の紛失も多数発生している
机の鍵は小さいタイプのものがほとんどです。ポケットやカバンに入れたつもりが、使おうと思ったときにないということは少なくありません。鍵開けや鍵作成、鍵交換等を依頼する場合、特殊な鍵であれば、鍵交換にそれなりの時間と費用が掛かってしまうでしょう。防犯の観点からも鍵紛失は防がなければなりません。

鍵トラブルのほとんどはメンテナンス不足が原因で発生している

鍵と鍵穴

鍵穴に湿気が溜まることで、錆などの劣化が早まります。鍵は金属でできていることから温度差による結露も起こしやすいため、気を付けなければなりません。また、鍵の内部に結露が発生すると、空気中のホコリやチリとくっついてしまい、鍵がささりにくくなってしまうでしょう。鍵がささらないからと、スプレータイプの潤滑油などを吹き掛けるのは危険です。かえってチリを吸着させてしまうからです。もし使う場合は、鍵穴専用の製品を使いましょう。

鍵が抜けなくなった際は無理に抜かないこと

上述したように鍵穴内部に錆やチリの詰まりが発生すると、鍵がささらない、もしくは抜けないといったトラブルが起こります。このとき、無理に抜かないことが大事です。鍵を無理に抜こうとしたり回そうとしたりすれば、中で折れてしまうでしょう。折れた鍵の破片が内部に残ってしまったら、鍵本体を交換しないといけなくなります。トラブルをできるだけ早く解決するためには、焦らずに業者に相談しましょう。

このように鍵は頻繁に使用するものであるため、長い間利用していると故障や破損などのトラブルが必ず発生してしまいます。万が一鍵トラブルが発生してしまった場合は、適切に対応しましょう。焦って事を悪化させてしまっては、鍵開けや鍵交換に更に手間が掛かることになるでしょう。

TOPボタン