机の鍵交換が必要になる前に、しっかりとメンテナンス

机の鍵トラブルで焦らないために~異変に気付こう~ 机の鍵トラブルで焦らないために~異変に気付こう~

鍵トラブルの予防に最適な対策

机の鍵に破損や故障などが発生してしまうと、トラブルを解決するために多くの時間と手間が掛かってしまいます。なるべくこういったトラブルが発生しないように、しっかりと策を講じておきましょう。机とその鍵のメンテナンスを定期的に行なうことが大事です。

鍵トラブルの予防対策

鍵穴の掃除を行なう
鍵穴はホコリやチリが溜まりやすい部分です。鍵本体の内部には、金属の板や棒が部品として使われています。この部品と鍵が合致することで施解錠できるのです。しかし、ホコリやチリなどの汚れが溜まってしまうと、内部の部品が上手く動かなくなり、「鍵が回らない」「鍵ささらない・抜けない」といったトラブルが起こります。掃除機やハケを使って、こまめに鍵穴周辺の汚れを落とすようにしましょう。鍵穴に鍵をさすときも、鍵の汚れを落としてからさすようにしましょう。
シリンダー専用の潤滑油を差して詰まりや引っ掛かりを改善
鍵本体の内部に錆が発生している場合は、中のパーツが動きにくくなっています。潤滑油を差すと良いでしょう。しかし、シリンダー専用のものでないと、逆に状態を悪化させます。粘りの強い潤滑油は酸化した際に固まり、油汚れになりやすいからです。シリンダー専用のものであれば、そうした心配もありません。
鍵を清掃して鉛筆を塗り込む
鉛筆の芯には、黒鉛が使われています。黒鉛には、「錆びない」けれど「脆い」という性質があります。つまり、滑りを良くするパウダーのような使い方ができるのです。汚れを取り除いた鍵穴に鉛筆の芯を塗り込めば、内部の部品の滑りが良くなり、鍵の抜き差しと回転もしやすくなるのです。鍵本体の内部に直接塗ることはできないので、鍵に塗りつけて鍵穴にさしてみてください。

ステンレスの鍵も長期間使用すれば錆が発生する

「ステンレスは錆びない」と思っている人が多いですが、実は錆びます。ステンレスは、あくまでも耐食性の高い金属です。表面を覆っている不動態皮膜が内部への酸化を防いでいますが、表面に傷や汚れがあると、内部にも錆が広がっていきます。そのため、くすんで輝きを失ったステンレスは要注意です。長年使っている鍵であれば、鍵交換をした方が良いでしょう。

机の鍵を定期的に掃除しておくと、鍵の故障や破損が発生する確率を大幅に下げられます。ビジネスやプライベートでの鍵トラブルを防ぐために、机の鍵はきちんと手入れをしましょう。

TOPボタン